嵐さんと竹内涼真さんのことやドラマ子育て暮らしににまつわるエトセトラ




2018秋ドラマ

黄昏流星群3話あらすじと口コミ評判まとめ!感想とネタバレも(10月25日)

投稿日:10/19/2018 更新日:

10月25日(木)放送の「黄昏流星群」第3話のあらすじと口コミ評判をご紹介。
放送終了後には、感想も追記しますので、ぜひご覧くださいね。

2話から挿入歌も決定しましたよ。

そちらから、早速みていきましょう!

 

 

黄昏流星群の挿入歌決定

 

 

真璃子(中山美穂さん)と春樹(藤井流星さん)のシーンで流れるようですね。

これからの2人に進展・・・したらダメなんですけどね。

進展しそうな3話。

まずは2話の振り返りからです。

 

 

2話の振り返り

 

 

家族に、出向を言えずにいる完治(佐々木蔵之介さん)。栞(黒木瞳さん)から電話がかかってくるるだけで、嬉しそうです。

その一方、真璃子(中山美穂さん)は娘の婚約者・春樹(藤井流星さん)と偶然知り合います。

完治の浮気を疑っている真璃子にとって、優しい春樹は心トキメク存在に・・・

出向先への初出勤日、完治は携帯電話を家に置き忘れてしまします。真璃子は携帯を届けに銀行へ。

そこで、秘書(本仮屋ユイカさん)から聞かされた事は・・・

 

ほら、こうなるでしょっ!と視聴者が総ツッコミしますよね。

ましてや最後に出てきた秘書との浮気を疑っている真璃子。これは・・・いけません!

「出向した。」なんて言ったら家族がショックを受けると思ったんでしょうが、隠したほうが後々大変なことになるのは分かっているのに・・・ダメなんですよね。

真璃子のトキメキも危険な香りです。

では次回3話のあらすじです。

 

 

3話のあらすじは?

 

10月25日3話のあらすじです。

出向先の荻野倉庫に初出社をした瀧沢完治(佐々木蔵之介)だったが、周りの視線は冷たい。銀行からの出向者は、荻野倉庫の社員たちにとって煙たい存在でしかなかったのだ。職場になじもうとする完治の努力も虚しく、川本保(礼二)ら社員たちとの距離は一向に縮まりそうにない。

一方、銀行に完治の忘れ物を届けに行った真璃子(中山美穂)は、夫が出向したことを秘書の篠田薫(本仮屋ユイカ)から知らされる。大きなショックを受けた真璃子は、今までの不満を完治にぶつけてしまう。

そこへ帰宅した美咲(石川 恋)からも、自分の結婚までは出向を先延ばしにしてほしかったと責められる。

婚約者である日野春輝(藤井流星)の母が家柄を気にするから、と。さらには先日春輝と会う約束をすっぽかした話も持ち出され、完治は謝るほかなかった。

家庭でも気が休まらない完治は、昼休みの社員食堂で目黒 栞(黒木 瞳)に会えることが楽しみだった。しかし、その日栞は目も合わせてもくれなかった。落ち込む完治に、先程の態度を謝罪するメールが届く。

社外では会えると言う栞を、完治は近いうちに山へ行こうと誘う。栞と約束した日を楽しみにする完治だったが、突然の連絡が若葉銀行のかつての同期から入ってしまう。

その頃、真瑠子は友人の水原聡美(八木亜希子)に離婚という選択肢を提案され、その時は否定したもののやはり気になり自宅のパソコンで、離婚について調べていた。その様子を、美咲を迎えに来た春輝に見られてしまい…。

引用元:フジテレビ公式サイトより

 

もう、これは最悪の展開・・・いやワクワク展開⁉

春樹もグッと真璃子に近づきそうです。

昼ドラのようなドロドロが待ち受けているんでしょうか?

期待と不安の入り混じった3話への口コミです。

 

 

3話の口コミ

 

恋は加速する?

 

お母さまから奥さん・・・「お・く・さ・ん」昼ドラっぽい響き
真璃子さんブレーキかけて!!娘の婚約者ですよ!思い出して!

 

 

ホントにそうですよね。
自分が黙っていたからとはいえ、娘にも妻にもそっぽを向かれ、寂しくなってしまうんでしょうか?

でも、他の人に走ったらいいとゆうわけではありません!

 

 

今回のベストツイート。

感情移入は難しいかもしれないですが、ある日突然・・・は誰にでもあるのかも。

その時に道を選ぶのは自分自身。

大人たちはどんな道を選ぶのでしょう。

 

 

3話の感想

 

どうなんですか?この感じは。
誰に肩入れしますか?

完治(佐々木蔵之介さん)・真璃子(中山美穂さん)・栞(黒木瞳さん)それとも美咲(石川恋さん)・・・
弱っている時に優しくされると恋に落ちやすいと言いますが、家族そろって大丈夫でしょうか?

昭和のドラマっぽいんです。恋に落ちる感じが。

と思ってたら、原作者・弘兼憲史さんの奥様は「東京ラブストーリー」の作者・柴門フミさんじゃないですか!
やっぱり、夫婦は似てくるのでしょうか?

恋におち・すれ違い・ますます会いたくなる。昭和恋愛ドラマの醍醐味です。
違いは年齢だけ。

 

 

欲しいのは内側からの言葉なんですけど、それがなくて魅力的で手に届きそうなものが外にあれば、手を出す人もいるかもしれないですね。
なんて、真面目に書きましたが、

 

 

こんな風に見たほうが楽しいのかな^^
ドラマですから。

だから来週は・・・どうなってしまうんでしょう!
楽しみです。

 

 

まとめ

 

10月25日(水)放送の「黄昏流星群」第3話のあらすじと口コミ評判をご紹介しました。

恋は加速する!なんていうと10代・20代の感じですが、40代~のほうがブレーキが壊れると怖いかも・・・

完治・真璃子の2人は別々の人に走り出してしまうのか?

次回も楽しみです。








-2018秋ドラマ

Copyright© 暮らしと子育て , 2018 AllRights Reserved.