嵐さんと竹内涼真さんのことやドラマ子育て暮らしににまつわるエトセトラ




2018秋ドラマ

黄昏流星群2話10月18日放送あらすじと口コミ評判まとめ!感想とネタバレも

投稿日:10/12/2018 更新日:

10月18日(木)放送の「黄昏流星群」第2話のあらすじと口コミ評判をご紹介。
放送終了後には、感想も追記しますので、ぜひご覧くださいね。

では振り返りからです。

 

 

 

2話の振り返り

 

銀行員として、バブル時代を過ごし、リーマンショック。栄転かと思えば権力闘争に巻き込まれて左遷。

主人公瀧沢完治の人生はジェットコースターのようです。

海外旅行先で出会った女性に心惹かれる完治。
そして、運命の再会・・・

 

 

もう、会わない人だから吐露できるのかもしれません。

最後には、皆さんお待たせのあの人も登場しましたよ。

 

 

2話のあらすじは?

 

10月18日(木)放送の「黄昏流星群」の第2話のあらすじをご紹介しますね。

 

瀧沢完治(佐々木蔵之介)はスイスで出会った女性、目黒 栞(黒木 瞳)のことが忘れられずにいた。

そんな時、出向先の荻野倉庫の食堂で働く栞と偶然再会。完治を見つけた途端に逃げ出す栞を引き止め、「会いたかったです」と思わず口にしてしまう。

既婚者である完治の言動に戸惑いを隠せない栞だったが、スイスで飛ばされた傘の代わりを買ったから送りたいと言われ、母が入居している施設の住所を書いたメモを渡した。

一方、真璃子(中山美穂)は完治の浮気疑惑への憤りを抑えきれずにいた。そんな中、娘の恋人、日野春輝(藤井流星)と鮮烈な出会いを果たす。

美咲と完治に会う約束で自宅を訪れた春輝に、真璃子は庭の手入れ中に怪我をした指の手当をしてもらったのだ。娘の恋人だと知りながらも、冷静で心優しい春輝に惹かれてしまう自分に呆れる真璃子。

その後、完治は仕事を理由に帰宅せず、春輝はまた出直すと瀧沢家をあとにした。美咲は仕事のことしか頭にない完治に怒り心頭、瀧沢家の中に溝が生まれ始める 。

完治は正式に荻野倉庫への出向内示を受けたものの、真璃子と美咲には言えずにいた。

思いに沈みながら、私物を整理していた完治に栞から電話が入る。傘のお礼を直接会って話したいと言われ舞い上がる完治。嬉しそうに電話する完治を、部下の篠田薫(本仮屋ユイカ)が見ていて…。

フジテレビ公式サイトより

 

部下の視線も恐ろしく・・・

真璃子(中山美穂)さんもダンナ様へのいら立ちの中、運命の出会いがありそうです。

 

 

2話の口コミ

 

蔵之介さんの恋愛ドラマ初主演は好感触。

 

 

平井堅さんの主題歌良かったですね。ちょっと心が洗われました。

 

 

ジャニーズファンは藤井流星さんに釘付け!
これから出番が増えますよ。

 

 

主人公と同じ年代の人と、子供年代では全く違う反応になりそうです。

今も続いている作品なので、読み続けている方の視線も熱いですね。

 

2話の感想

皆さんときめいてますか?

始まりから、藤井流星さんが 出るだけで、Twitterが凄いことに!

 

 

1話は最後にちらっとだけでしたもんね。藤井担の皆様おめでとうございます!

藤井流星さんファンしか見てないのかな?というくらいのツイート数でしたね。

しかし、ストーリーは夫婦の危機に。

夫は出向したことを家族に話さないから、浮気をしていると思い込まれるし ( まあこれは、本当にそうなんですが。)

妻は、自分をわかってくれない夫に不満を持っている時、優しく接してくれた娘の婚約者 にキュンキュンするし。

ちょっとした心の行き違いがドンドン状況をややこしくしてしまいます。

視聴者からしたら、早く言えばいいのに!と怒りモードがはいりますよね。

中山美穂さんは本仮屋ユイカ(⇐大人の女性になってましたね)さんが浮気相手と思っているようですが、最後に彼女から夫が出向したのを聞いてどんな気持ちなんでしょうか?

その場で、感情に任せることもできないし・・・
来週は、夫婦の修羅場でしょうか?

昭和感は相変わらず 、ツッコミどころもありますが、この時間は 黒木瞳or中山美穂さんになったつもりで恋に浸りましょう。

 

まとめ

 

人生の折り返し。

仕事・家庭が今までとは違う状況に置かれた時に、ふとした出会い・・・

1話では、完治(佐々木蔵之介)さんに運命の出会いがありましたが、2話では奥さん(中山美穂)にも・・・

まるで韓国ドラマのような大人のトキメキいっぱいの2話になりそうです。
けど、真璃子さんのときめく相手は娘の婚約者!?

このちょっと昔っぽいストーリーに視聴者がついていけるのか、親子で見ていて気まづくならないのか?

脚本家浅野妙子さんの手腕もとわれそうです。
「ラストフレンズ」「大奥」のように、複雑な人間関係を描くのが得意な浅野さんのストーリ展開も気になります。

Twitterではツッコミも受けていましたが、それをはね返していく様な2話を期待しています。








-2018秋ドラマ

Copyright© 暮らしと子育て , 2018 AllRights Reserved.