嵐さんと竹内涼真さんのことやドラマ子育て暮らしににまつわるエトセトラ




2018秋ドラマ

獣になれない私たち(けもなれ)7話あらすじと口コミ評判まとめ!感想とネタバレも11月21日

投稿日:

獣になれない私たち

 

11月21日放送日(水)放送の「獣になれない私たち(けもなれ)」第7話のあらすじと口コミ評判をご紹介。
放送終了後には、感想も追記しますので、ぜひご覧くださいね。

6話の呉羽の告白。そして、朱里の行動的な姿。

今まで見せなかった2人を見る事ができました。

晶と恒星の接近。お互いの悩みを語り合う2人は恋人としてではなく、友人(親友?)としてのようです。

では、6話振り返りです。

 

 

 

6話の振り返り

 

11月14日放送分の振り返りです。

 

晶(新垣結衣さん)と恒星(松田龍平さん)のキスをみた呉羽(菊地凛子さん)と三郎(一ノ瀬ワタルさん)。

呉羽のパーティーに招待されるが、恒星はウソをつき行こうとしない。

京谷にさっきのキスを見られていたことを恒星に告白する晶。

お互いに恋人と元恋人との関係で悩む2人。

パーティーでの橘カイジの様子を聞こうとする恒星。三郎は「カイジと呉羽が偽装結婚だと聞いた。」と答える。

京谷が居なくなったマンションでは、朱里が晶の住所を突き止め・・・

 

話合えばわかる関係なのに、遠い晶と京谷。

話し合ったら傷つけてしまうと恒星から離れた呉羽。

思い合い方もひとそれぞれ、今は晶は恒星と呉羽は橘カイジといるのが楽なのでしょう。

気を遣わずにいられる関係だから・・・

恋人同士ってやっぱり嫌われないように、気を遣いあっているんだな。と感じました。

ついに、朱里も5tapに現れましたね。

5人が対面する事はあるんでしょうか?

7話あらすじです。

 

 

7話のあらすじは?

 

11月21日放送のあらすじです。

恒星(松田龍平)が封筒に入った大量の現金を持っているのを目撃してしまい、とまどう晶(新垣結衣)。

恒星は「この金で粉飾決算に加担するように脅迫されていて、やむを得ない事情で抜け出せない」と話す。
その告白を真剣に聞く晶に「…という映画の話」と言って話を変えてしまう恒星。

社長の九十九(山内圭哉)の発案で、録音機能付き監視カメラがついたツクモクリエイトジャパン 。
その息苦しさと緊張感に松任谷(伊藤沙莉)も上野(犬飼貴丈)もバテ気味・・・。

強引な社長のやり方に会社全体の空気が停滞していることを晶と佐久間(近藤公園)は心配する。

一方、寝たきり状態だった京谷(田中圭)の父の容態が悪くなり、病院にいれるかどうかで千春(田中美佐子)と家族の間はもめていた。

京谷とケンカしたままでそんな状況をしらない晶は、千春と連絡がつかないことを心配しながら夜遅くに帰宅。

すると、アパートのドアの前でなぜか眠り込んでいる朱里(黒木華)を見つけ・・・。
引用元:日本テレビ公式サイトより

 

晶VS朱里のラウンド2が始まりそう。

晶も朱里も京谷を諦めきれず、京谷は家はでたもののハッキリせず・・・

視聴者はイライラが募りますね^^

いっそ恒星のほうが・・・と思いますが、ソコが上手くいかないのが恋愛のいい所でもあり。

まだジリジリは続きそうです。

7話期待の口コミは?

 

 

7話の口コミ

 

晶や京谷にイラつく人も多いですが、

 

恋したときは何歳になっても複雑。大人になったら一直線にはいけないので複雑。

晶の子供の頃の話を聞いていても、きっと顔色をみて過ごしてきたんだろうな。と思うと複雑。

 

 

晶が恒星の前では、気持ちをだしてきてグイグイいってるのがいいですよね。

ちょっと心地良い2人の関係になってきました。

京谷にはそれが、できないんだな。好きだからかな。乙女心は複雑です。

では最後はいつも通りに。

 

 

予告の朱里VS恒星!楽しみ!理詰めVS理詰めになりそうな予感。

恒星が晶を擁護したら朱里の嫉妬はまた燃え上がりそう。

 

 

 

7話の感想

信頼が大事というにのは、恋愛も仕事も一緒。

 

 

何だか、晶のスッキリした顔を見る事が多くなり、喜怒哀楽がハッキリしてきていい感じ。

仕事場も、社長の横暴で監視カメラをつけた事で変化が生まれてきました。

1話の頃には暗ーいシーンだった会社の中がちょっと明るくなりました。

京谷も仕事の時はいい男なんですが、恋愛に関してはまだまだですね。
呉羽の方が男前でステキ!

 

 

言えなかった晶が言える様になって、言えてるように見えていた恒星が実は言えてない。

朱里はまだこじれていますが、晶と直接話した事で、大きな行動を起こしそう。それは、晶への嫉妬?それとも・・・

最後に大きな決断をした晶、追い掛けてくるようで来ない京谷。

京谷は気づいてないのかもしれませんが、朱里に対しても、晶に対しても、優しさという惰性での付き合いはやはり上手くいかないものです。

女性はドンドン変化していき、それについていけない男たち。今回は、そんな構図が見て取れました。

8話は恒星に大きな波がやってきそう。

終わりにむかって、絡んでいた糸が解かれていく。そんなストーリーに期待しています。

 

 

まとめ

 

11月21日(水)放送の「獣になれない私たち(けもなれ)」第7話のあらすじと口コミ評判をご紹介しました。

5人の行く末はどうなるのか?複雑に絡み合った糸は解けるのか?

カオス回。楽しみにしています。








-2018秋ドラマ

Copyright© 暮らしと子育て , 2018 AllRights Reserved.