嵐さんと竹内涼真さんのことやドラマ子育て暮らしににまつわるエトセトラ




2018秋ドラマ

獣になれない私たち(けもなれ)2話10月17日放送あらすじと口コミ評判まとめ!感想とネタバレも

投稿日:10/11/2018 更新日:

「獣になれない私たち」第2話10月17日(水)放送のあらすじと評判クチコミを後ご紹介していきます。

放送後には感想も追記しますので、ぜひご覧くださいね。

 

 

1話の振り返り

 

では、1話を簡単に振り返りましょう。

重い・イタイ・暗い・・・

でも話はどんよりしていない。不思議なスタートでした。

クセのある恒星(松田龍平さん)が1番見たままの人物で、他の人物には闇あり過ぎ。

思わず、ドラマ終わりすぐに始まるNEWS ZEROで有働さんがドラマ受けまで。

 

最後に、晶(新垣結衣さん)がちょっと変化したのが救いです。

 

1話の感想あらすじネタバレはこちら

 

 

2話のあらすじは?

 

10月17日(水)放送の「獣になれない私たち」の第2話のあらすじをご紹介しますね。

 

すべての仕事を一人でこなしていることに業を煮やした晶(新垣結衣)は、社長の九十九(山内圭哉)に業務分担の改善要求書を突き付ける。

周囲が恐怖におののく中、九十九とやりあった結果、出張明けに返答するとの約束を取り付ける。

一方、恒星(松田龍平)は初対面の会社社長・勝俣(八嶋智人)から、粉飾した税務申告書類に担当税理士として判を押してくれと頼まれる。

恒星は不正には手を貸さないと拒否、勝俣を事務所から追い出す。

その晩、5tapで出くわした晶と恒星。

呉羽(菊地凛子)の話題になり、「呉羽は恋に落ちた瞬間、鐘の音が聴こえるらしい」と話す恒星。

一目惚れをしたことがない晶は、どんな音かと首をかしげる。わからないのは恒星も同じだった。

翌朝、有給休暇中の晶は松任谷(伊藤沙莉)の電話で起こされる。上野(犬飼貴丈)が大事な契約書を持ったまま会社を無断欠勤しているというのだ。

晶は急遽、上野のアパートを訪ねることに。そこで晶は上野から、思わぬ話を持ちかけられ…。

日本テレビ公式サイトより

 

あんなに、パワハラ社長の無理難題に笑顔で応えていた晶に変化が・・・

服や靴を変える事で別人になる。これって女性にはあるなぁ。

これからの衣装にも注目ですね。

 

 

2話の口コミ

 

口コミには晶を心配する声が多いです。

 

 

ホントに反撃してほしい!

 

 

クラフトビールバーも素敵でした。

みんなお祈りしましょう!

 

 

社会派なのか?ラブストーリーなのか?

1話で登場人物の表も裏も紹介してくれたので、これが底でドンドン幸せになっていって欲しい。

今のところ、松田龍平さんと付き合うようには思えませんが大丈夫かなぁ?

 

 

 

2話の感想

 

京谷(田中圭さん)と晶(新垣結衣さん)の出会いはオアシスでしたね。

同じ会社の社員と派遣社員。お互いを認め合い・ダメな彼氏・彼女持ち・・・似ている人は近くなるのが早いんですね。

足りないものを埋めあったのでしょうか?

でも、現実は・・・晶はやっぱり人の顔をみてしまう人間で、京谷は優柔不断な男で。

一方で、恒星(松田龍平さん)は顧客(八嶋智人さん⇐この演技がいい!)に粉飾決算を頼まれます。

その、顧客に対する一言一言が、まるで自分に言われているかのように晶の心に響くんですよね。

 

 

これに尽きます。
人としてどっちが良いのかと・・・

 

そして、

 

馬鹿になれたらいいのに・・・」と言っていた2人に呉羽(菊地凛子さん)が「馬鹿だねー。」と言われる。

ちょっとは変わってきたのかな?

実は、呉羽の言葉もちょっと気になります。

次回は、恒星の陰の部分がみられそうです。

あわせて読みたい3話のあらすじ♪

 

 

2話の視聴率

 

こちらも10月17日放送後に、こちらで更新します。

 

 

まとめ

 

大ヒットドラマ「逃げ恥」のようなドキドキとは真逆のドキドキがあるドラマです。

これは、キャストの上手さからきていると思うんですが、見るのしんどい・・・と思うシーンがバンバン出てきます。

晶の過去や、パワハラ・セクハラ・・・ツライ><

けど、ご安心下さいませ。

 

 

野木さんからの心強いお言葉

ちょっと、いや大分ほっとしました。

そうですよね。ラブかもしれないストーリーですもんね。こんな感じがずっと続くはずがない!

幸せになって欲しい。

晶と恒星が恋に落ちて、鐘が鳴り響く日がやってくるのか?

その時2人はどんな風になってしまうのか?

すべての答えは第2話に! by野木亜紀子








-2018秋ドラマ

Copyright© 暮らしと子育て , 2018 AllRights Reserved.