嵐さんと竹内涼真さんのことやドラマ子育て暮らしににまつわるエトセトラ




2018秋ドラマ

ハラスメントゲームのあらすじとキャストは?主題歌と原作・エキストラ情報も!

投稿日:09/25/2018 更新日:

2018年10月15日(月)夜10時から、ドラマ『ハラスメントゲーム』がスタートします!

ハラスメント」という言葉は今、どこでも聞く言葉ですよね。もはや現代社会の一つの大きな問題です。

そんな「ハラスメント」を題材にしたこのドラマは、テレビ東京開局55周年を記念して作られたのだそう。

そんな記念にふさわしい豪華なキャストや、あらすじ、主題歌、原作、エキストラ紹介まで、一気にまとめていきます。

あらすじネタバレ

 

ハラスメント」ときくと、今や人ごとではないと感じてしまいます。

身の回りのどこで「ハラスメント」があってもおかしくと感じてしまう現代で、その「ハラスメント」について取り上げたこのドラマのあらすじを紹介していきます。

 

ハラスメント、それはあなたの会社の“アキレス腱”だ!

このドラマのテーマは、ずばり企業の「コンプライアンス」。
「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」…連日、テレビやネットで取り上げられる「ハラスメント」事件。会社で働く人だけでなく、全ての人が悩み苦しんでいるタイムリーかつセンシティブなテーマを真っ向から描いてゆく。

唐沢演じる主人公・秋津(あきつ)渉(わたる)は、スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」の富山支店長。ある事情から左遷され家族で地方に移り住んでいた。

しかし、ある日、コンプライアンス室長として本社に呼び戻される。そこには、社長や取締役たちのある思惑が隠されていた……。

社内に起こる様々なハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決してゆく主人公と仲間たちの活躍を一話完結シリーズとして描いていきます。

人間の業や欲が産み出す、様々なハラスメントに真っ向から挑む、痛快ヒューマンエンターテインメントに是非ご期待ください!

参考サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/harassmentgame/

 

いま現代社会問題の一つとしてあげられる「ハラスメント」をどのように取り上げるのか、楽しみですね。

ハラスメントがなぜ起きてしまうのか、どんなかたちで解決していくのか、今の社会に必要なドラマになりそうです。

今の社会について、もう一度考えるきっかけになるのではないでしょうか。

 

 

キャストまとめ

 

それでは、ハラスメントゲームのキャストを紹介します。

役名:秋津渉(あきつ・わたる)
唐沢寿明(からさわ・としあき)さん

◎マルオーホールディングスの社員。左遷され、富山支店長をしていたが、ある日コンプライアンス室長として本社に呼び戻される。社内のハラスメント問題に仲間たちと立ち向かっていく。

 

役名:矢澤光太郎
古川雄輝(ふるかわ・ゆうき)さん◎法律事務所に所属する、マルオーホールディングスの顧問弁護士。

 

役名:小松美那子
市川由衣(いちかわ・ゆい)さん◎役員担当秘書を務める、ミステリアスで容姿端麗なマルオーホールディングスの社員。

 

役名:秋津瑛子
石野真子(いしの・まこ)さん◎秋津の妻。歯に衣着せぬ物言いをするが、家族を支える母である。

 

役名:丸尾隆文
滝藤賢一(たきとう・けんいち)さん◎3代目のマルオーホールディングスCEO。

 

役名:水谷逸郎
佐野史郎さん(さの・しろう)◎マルオーホールディングスの広報・IR担当取締役。脇田と一緒に現社長の失脚を狙っている。

 

役名:脇田治夫
髙嶋政宏(たかしま・まさひろ)さん◎マルオーホールディングスの常任取締役。秋津と対立していく。

 

役名:秋津菜摘
喜多乃愛(きた・のあ)さん◎秋津の娘。

 

役名:岩村卓
小倉一郎(おぐら・いちろう)さん◎マルオーホールディングスの副社長。

 

役名:白石宗雄
佐戸井けん太(さとい・けんた)さん◎マルオーホールディングスの専務

 

役名:青木順平
伊藤正之(いとう・まさゆき)さん◎マルオーホールディングスの取締役。

 

以上が現在発表されているキャストです。

イケメンからおじさま、美少女から綺麗な母まで!
この豪華なキャストたちがどのように現代の問題について立ち向かっていくのか、注目です。

名バイプレイヤーたちが勢揃いのこのドラマ、隅々まで見逃せませんね!

 

主題歌

 

主題歌は、9月8日(土)に結成20周年を迎えるコブクロの、通算30枚目のニューシングル「風を見つめて」です!

シングルは、11月7日(水)に発売されます。

このドラマのために書き下ろされたこの曲は、監督やプロデューサーと話し合いを重ねて完成したのだそう。

明日が良い日でありますように」という願いが込められた、コブクロらしいバラード曲です。

 

 

原作

 

2018年10月6日(土)に河出書房新社から発売される井上由美子さんの『ハラスメントゲー』(1,500円(税別))が原作です。

作者の井上由美子さんは、『白い巨塔』(CX)や、『14歳の母』(NTV)、『マチベン』シリーズ(NHK)、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(CX)、『緊急取調室』シリーズ(EX)、『BG~身辺警備人~』(EX)などの脚本を手がけた、人気脚本家さん。

その井上由美子さんの小説家デビュー作です!

 

エキストラ情報はこちら!

 

ハラスメントゲームのエキストラは以下のサイトから応募できます。

◎ハラスメントゲームのエキストラ情報はこちら

このサイトからメールを送ることでエキストラに参加できます。

一つ一つのシーンでそれぞれエキストラ募集がかけられているようなので、こまめに確認してみてくださいね!

 

 

まとめ

 

今回は、『ハラスメントゲーム』のあらすじ、キャスト、主題歌、原作、エキストラ情報についてまとめました。

現代について真っ向から問題を投げかけてくるこのドラマを、唐沢さんを筆頭とした豪華キャスト陣がどう表現してくるのか、今からとっても楽しみです!

そこに添えられるコブクロの歌がどんな味を出すのかも含めてワクワクしてきました♪

みなさんもこのまとめを見て、ドラマに備えてくださいね!








-2018秋ドラマ

Copyright© 暮らしと子育て , 2018 AllRights Reserved.