嵐さんと竹内涼真さんのことやドラマ子育て暮らしににまつわるエトセトラ




2018秋ドラマ

僕らは奇跡でできている6話あらすじと感想ネタバレ!育美の涙の理由は?(11月13日)

投稿日:11/13/2018 更新日:

虫歯の話は興味深かったですね。スーパーのチラシからヒントを得た話も面白かったです。

 

そして、エンドロールも数字に色がついていました。

一輝(高橋一生さん)の発想には驚かされる事ばかりですが、真面目にきちんとした情報を子供たちに与えるため、一生懸命準備していた育美(榮倉奈々さん)にはキツい展開でした。

そんな、育美に声を掛けたのは何と一輝でした・・・

それでは、11月13日(火)放送の「僕らは奇跡でできているの」第6話のあらすじと口コミ評判をご紹介していきますね。

放送終了後には、感想も追記しますので、ぜひご覧ください^^

2人の関係は・・・気になる5話の振り返りです!

 

 

 

 

5話の振り返り

 

11月6日放送の振り返りです。

 

今日もアリに夢中で遅刻する一輝。最近では一輝(高橋一生さん)の講義が面白いと大学で話題になっていた。

一方で、恋愛から逃げるように仕事に一心不乱な育実(榮倉奈々さん)。子供向けのイベントを考えていた。

虹一から育実の虫歯教室の話を聞いた一輝。何故虫歯というのか。ナゾを解明するため、自分も参加する事にする。

イベント当日。子供たちに語りかける育美だったが、疑問に答えられない。

そこを助けてくれたのは、一輝だった。

落ち込む、育美に一輝は森へと誘う・・・

 

育美は、お父さんの後を継ぎ、歯科医院の事を考え、(いくら恋愛が上手くいってないが原因としても)勉強して自分を高めようと頑張っています。

そんな育美に一輝は目の前で、子供たちの心を掴む話を指摘しまう。

育美は益々落ち込むばかり・・・。

森で屈託なく研究をする一輝をみて、育美は少し羨ましくなっているようです。

全く違う考え方の一輝のことを苦手に思っていましたが、5話で距離が近づいてきましたね。

 

それは、一輝が人を受けいれる事が出来たから・・・一輝にとっても高いハードルだったはずです。

おじいちゃん(田中泯さん)の言葉「光が大きくなったらどうなる?」が、背中を押してくれたんだと思います。

一輝の答えは「他の人が入る」というものでした。

光の中に入りかけている育美。

最後に、涙を流した育美をみた一輝はなんと声を掛けるんでしょうか?

気になる6話のあらすじです。

 

 

 

6話のあらすじは?

 

11月13日放送のあらすじです。

一輝(高橋一生)に頼まれ、渋々森を訪れた育実(榮倉奈々)は、ひょんなことから、元恋人・鳥飼(和田琢磨)を信じられず別れを招いてしまった自分への後悔から、涙があふれてしまう。

その姿を見た一輝は、育実が泣いている理由が分からず、動揺する。

翌日、2人がいっしょに森へ行ったことを知った山田(戸田恵子)は、鮫島(小林薫)をはじめ、付き合いのある“先生”を呼んで、家で食事会をしようと、一輝に提案。

もちろん、その“先生”には育実も含まれていた。

山田の指示を受けた一輝は早速、育実とあかり(トリンドル玲奈)、祥子(玄覺悠子)を誘うためクリニックへ。しかし、育実は何かと理由をつけて、食事会には行かないと断言。
実はその日は育実の誕生日で、密かに鳥飼からの連絡を期待していたのだ。

迎えた食事会当日、結局育実は、あかりたちと一輝の家へ。

鮫島や樫野木(要潤)、沼袋(児嶋一哉)、熊野(阿南健治)も集まり、一同が食事をしながら盛り上がる。

そんななか、山田の狙いで一輝とギョーザを作ることになった育実。
きれいな形に仕上げようとする育実とは反対に、「どんな形ができるか試したい」と、形には全くこだわる様子のない一輝。その様子を、育実は複雑な気持ちで見ていて…。

翌日、一輝は、森で泣いた理由を育実に直接尋ねる。

一輝に悪気がないことを知る育実は、「相河さんに自分の思いは分からないと思う」と言いながらも、まじめすぎる自分の性格と、その自分に嫌気がさしている苦しい胸の内を一輝に話す。育実の思いを聞いた一輝は…。

それからしばらくして、リスが橋を渡らない理由を思いついた一輝は、樫野木と一緒に森へと向かう。

その夜、一輝の元に、育実から電話が。一輝が週末に森へ橋の様子を確認しに行くことを告げると、育実から「私も森に行ってもいいですか?」と、思いもよらぬ発言が飛び出して…。

引用元:関西テレビ公式サイトより

 

育美の涙に一輝は驚き、質問攻めにする姿が目に浮かびますね。

育美にとっては、1番触れられたくない心の中。

一輝になんと答えるのでしょうか?

そして、山田さん(戸田恵子さん)がまた動き出します^^

ズレてる事も多い山田さんですが、やっぱり一輝の理解者

育美はまた一輝との違いを感じる事になりそうです。

そんなに、自分を責めなくてもいいのに・・・。

森で一瞬素直になった育美は、再び森に行く事で変われることができるでしょうか?

では、6話の口コミです。

 

 

 

 

6話の口コミ

 

一輝、固まってましたね。初めて見る女性の涙でしょうか?

 

 

みんな一輝の家にやって来ますよ。

波乱がありそうな、(でもこのドラマなのでないかも?)中々大学以外の姿をみない、大学の先生達・歯科医院の皆さんが大集合!貴重なシーンになりそうですね。

そんな場所でも、「なんで?どうして?」の一輝は炸裂するのでしょうか?

 

 

 

一輝本人は当たり前と思っている事が、実はみんな違うんだよ。と教えてあげたいですよね。

ホントは一輝が特別で、育美が羨ましがるのがわかります。

皆、一輝になりたくてなれないんですもんね。でも、光に包まれた時少しづづ変わっていくのかも。

 

 

 

来週は、ついに一輝の大きな疑問「樫木先生はなぜ離婚したか?」が解明されそうです。

樫木先生も、自分より一輝が好かれているのが何故だかわからない人の1人。

森に行くシーンが予告にあったので、樫木先生も一輝の光の中に入る1人になっていきそう。

 

 

6話の感想

 

ゆっくりと素敵な時間が流れました。

育美の涙も。一輝の笑顔も。山田さんのお節介も^^

一輝の光の中に沢山の人が包まれてきているのがわかります。(あの、事務長でさえ!)

号泣というより、すーっと流れる涙。心にしみてくる感情。

自分をいじめている」という言葉。ずっしりくるセリフです。

 

 

僕シリーズ」でもみせた、橋部脚本の真骨頂!

そして、高橋一生さん・榮倉奈々さんやり取りが素晴らしい!

森の中にある一輝が設置したリスの橋。

育美が泣きながら自分の気持ちを吐露し、 リスが通った瞬間に、一輝と育美の気持ちが通じ合ったのかな。と感じました。

大人になって、素直に自分の心の中を人に見せた事はありますか?

あの森は一輝そのもの。来た人がみんな素直になれる場所の気がします。

森に行ってみたくなった人も多いのでは?(残念ながら一輝はいませんが・・・)

やっぱり、家族で見て欲しいドラマです。

 

 

 

まとめ

 

願い。光。と大事なキーワードが出てきました。そして、ドラマの題名「奇跡」。この3つは繋がっているようです。

見た後に、もう1度再生してセリフを思い返す。余韻のあるドラマっていいですね。

来週も楽しみです。

11月13日(火)放送の「僕らは奇跡でできているの」第6話のあらすじと口コミ評判をご紹介しました。








-2018秋ドラマ

Copyright© 暮らしと子育て , 2018 AllRights Reserved.