嵐さんと竹内涼真さんのことやドラマ子育て暮らしににまつわるエトセトラ




2018秋ドラマ

相棒season17の2話あらすじと口コミ評判まとめ!感想とネタバレも(10月24日)

投稿日:

10月24日(水)放送の「相棒season17」第2話のあらすじと口コミ評判をご紹介。
放送終了後には、感想も追記しますので、ぜひご覧くださいね。

10月期のお楽しみ。相棒が始まりました。

今回は、放送前にLINE LIVEが配信され、のべ5万人が視聴しました!

まだ、見たことのない人も 相関図より をみながら謎を解いてみてくださいね。

では1話の振り返りです!

 

 

1話の振り返り

 

 

国家公安委員の三上(とよた真帆さん)宅で殺人事件が発生します。。被害者は三上の義理の父・鬼束。犯人は夫。

公安委員という政府直轄であり、警察を監視する立場である三上にとってあってはならない事でした。警察には家出人として届けを出し、捜査をしないように釘をさした三上でしたが、写真週刊誌に取り上げられ、特命係に興味を持たれてしまいます。

右京(水谷豊さん)は亘(反町隆史さん)と義理の父は殺害されていると推理。

右京の辞職を懸けて家宅捜索に乗り出すのですが・・・

 

 

という、ストーリーでした。

いつも相棒は2時間SPで始まることが多いのに、今回はちょっと短いなぁ。と思ったら・・・次回につづく・・・

主役の右京さんが辞職するかもしれないのに、来週までストーリー覚えてられるかしら?と不安になりつつ、いつものメンバーもいつものセリフも健在で、半年よろしくお願いします!のスタートでした。

ちょっとした小ネタや時代を風刺しつつ犯人探しも楽しめますから、9時台ちょっと覗いてみてくださいね。

 

 

 

2話のあらすじは?

 

まさかの前後編になった相棒。2話のあらすじは?

 

右京(水谷豊)が進退を懸けて臨んだ鬼束家の離れ家の捜索が空振りに終わり、退職はもはや既定路線になっていた。

しかし、右京は“残務処理”という名目のもと、亘(反町隆史)と共に捜査を続行。鋼太郎(利重剛)がいまだ手放せないでいる鐵太郎(中田博久)の携帯電話を足掛かりに、隠蔽に荷担している祥(谷村美月)ら鬼束家の面々に心理的な圧力を掛けていく。

ところが、「週刊フォトス」の楓子(芦名星)が、警察の横暴な捜査で家一軒が破壊されたというセンセーショナルな記事を掲載したことで風向きが変化。

「それでも国家公安委員として警察への信頼は揺るがない」という冨貴江(とよた真帆)のしたたかなコメントにより、警察は動きを封じられる。

それと共に、右京は正式に辞表の提出を求められ、絶体絶命の窮地に。いっぽう、国家公安委員長である鑓鞍(柄本明)は、委員の一人である冨貴江の動向を静観していたが…!?

週刊誌の記事を受け右京の辞職が確定的に…
国家公安委員による完全犯罪がついに成立!?
策謀渦巻く難事件が驚きの結末に向けて加速する!

ゲスト:とよた真帆 利重剛 谷村美月 芦名星 柄本明

引用元:テレビ朝日公式サイトより

 

流石に、転んでもただは起きぬ特命係です。

1話の最後で、離れを解体したのもなにか魂胆があると思われます。

新しく国家公安委員長・鑓鞍(柄本明さん)が加わって敵か味方か引っかき回してくれそうな予感です。

来週もちょっとだけ長いSPなので楽しみに待ちたいと思います。

2話への期待の口コミは?

 

 

2話の口コミ

 

まさかの前後編でしたから

 

できれば、1話にまとめて欲しかった・・・記憶力が・・・

そんな時はこのブログをみて思い出してくださいね。

 

 

もうすでに、希望がいっぱいです・・・

初めて見た人はわからないかな?
個人的に古沢脚本・名探偵は見てみたいです。

今をトキメク田中圭さんも出てたんですよ!(今も在籍中なはず)

 

 

3年で交代といわれていた相棒。今回は4年目に突入しましたね。

すっかりコンビが板について安心して見られるようになりました。

見ている方がそれぞれ、好きな相棒がいるのもこのドラマのいい所ですね。

 

 

2話の感想

 

10月24日放送終了後に追記しますね。

 

 

2話の視聴率

 

こちらも放送終了後に^^

 

 

まとめ

 

10月24日(水)放送の「相棒season17」第2話のあらすじと口コミ評判をご紹介しまた。

年を重ねるごとに、おじ様たちが多くなる相棒ですが、

 

過去作品にはこんな方々も(加藤清史郎くんは大きくなって)!懐かしい!

どうですか?少し興味もって貰えましたか?

1話の復習とややこしすぎる相関図を忘れずに、2話を待ちましょう!








-2018秋ドラマ

Copyright© 暮らしと子育て , 2018 AllRights Reserved.