嵐さんと竹内涼真さんのことやドラマ子育て暮らしににまつわるエトセトラ




2018秋ドラマ

相棒season17第1話10月17日のあらすじと評判口コミまとめ!感想&視聴率も!

投稿日:

2018年10月17日(水)夜9時~スタートの『相棒season17』(朝日系列)の第1話のあらすじと評判口コミをご紹介していきます。

放送後には感想と視聴率を追って更新していきますので、チェックされてみてくださいネ。

今年も「相棒」の季節がやってきました。

ついに、17年目。キャストも少し変化し、なんと特命係が3人に!?

波乱が起きそうな第1話です!

 

 

1話のあらすじは?

 

10月17日(水)「相棒season17」の第1話のあらすじをご紹介しますね。

 

国家公安委員を務める大学教授・三上冨貴江(とよた真帆)の自宅で殺人事件が発生した。

殺害されたのは、鬼束学園の理事長・鬼束鐵太郎(中田博久)。
副理事長を務める鬼束鋼太郎(利重剛)が、妻である冨貴江のために父を殺したというのだ。

というのも、冨貴江の不貞の証拠を掴んだ鐵太郎が、冨貴江を鬼束家から追い出す算段を進めていたので、それを阻止するためだったという。
冨貴江は、自身の社会的立場を守るため、鋼太郎に促されるまま事件の隠蔽を手伝うことに。

数日後、殺害の裏事情を知る鐵太郎の若い後妻・祥(谷村美月)によって失踪届が出されるが、写真誌「週刊フォトス」の記者・風間楓子(芦名星)が、鐵太郎の失踪と祥の放蕩を面白おかしく書き立てたことで世間が注目。

記事を読んだ右京(水谷豊)と亘(反町隆史)、そして特命係に“左遷”された青木(浅利陽介)は、失踪に端を発する一連の経緯に興味を持ち、独自に調べ始める。

国家公安委員長の鑓鞍兵衛(柄本明)にまで事情聴取の網を広げた右京は、鐵太郎がすでに殺害されていると確信し、自身のクビを懸けて鬼束家を捜索するが…!?

隠蔽に走る知謀の公安委員vs特命係の3人
事件解決の鍵になるのは消えた遺体の発見!?
右京が自身のクビを担保に危険な賭けに出る!

ゲスト:とよた真帆 利重剛 谷村美月 芦名星 柄本明

引用元:テレビ朝日公式サイトより(https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0001/)

 

 

1話の評判口コミ

 

相棒17に評判や口コミを、ツイッターからピックアップしました^^

 

待ちに待ったという声や

 

 

OPへのツイート。毎回不思議な映像なんですが・・・

因みに、相棒のオープニングは、今クールの2人の今後を暗示しているとか・・・

 

脚本家さんを気にするツイートも。

これは、相棒ファンあるあるですね。

好きな脚本家さんの話を見たいという。

このツイートでは古沢良太さん(リーガル・ハイ / コンフィデンスマンJPなど)、櫻井武晴さん(ATARU / 科捜研の女など)
長く放送されている番組なので、たくさんの脚本家さんテイストの全く違う脚本を書かれてますよ。

ゲスト&脚本も楽しんで見て欲しいです!

 

 

1話の感想

 

10月17日放送終了後に更新しますね。

 

 

1話の視聴率

 

こちらも、放送終了後に^^

 

 

まとめ

 

相棒season17』第1話のあらすじと評判口コミをご紹介しました!

第1話は1時間半のスペシャルになります。お久しぶりのあの人もゲストに出演されますよ。

1話から主役の右京さん(水谷豊さん)の首をかけることになってしまった特命係。
3人の相棒(?)は上手くいくのか。

事件解決だけではなく、警察内部に深く切り込んでいく姿を見るのも楽しみです。

1話完結のミステリーなので、今まで見たことないなぁ。という方も見やすいドラマだと思います。

再放送も頻繁にされるくらい人気のドラマですから、1話だけでも!お薦めです!

 








-2018秋ドラマ

Copyright© 暮らしと子育て , 2018 AllRights Reserved.